マスコット

30

[ 神社・お寺 ]

2022.01.15

隨念寺 -家康公の祖父への敬愛-

東岡崎駅の北、モダン通りからも見渡すことができる隨念寺は、徳川家康公が、祖父である三河の覇者、松平清康の菩提所として創建。
幕府の庇護も厚く、開山から江戸時代まで栄えた寺です。

戦火も逃れ、文化財価値も高いこの寺の歴史を振り返ってみましょう。

【どうする家康★記念連載】第一回 幻の英雄 家康公の祖父・松平清康

三河の英雄 松平清康

三河の英雄 松平清康

『家康』という名の『家』の字は、先祖八幡太郎義家から。
そして『康』の字は、祖父である松平清康から一字を戴きました。
家康公がそれほどまでに尊敬した祖父、松平清康は松平家七代当主。永正三河の乱で、松平氏が今川氏の侵攻を撃退した二年後の永正7年に生を受けた清康は、13歳で父の隠居に伴い家督を継ぎ、是の字を握る、つまり天下を手中にするという夢を見て、松平氏の勢力を拡大し、三河統一にまい進します。そしてついに尾張へ侵攻を始めようとしたその時、家臣の手により、25歳という若さで、この世を去り、のちに隨念寺の建立されるこの地で、荼毘に付されました。

創建

創建

時は下り、桶狭間の戦いで敗退した今川氏より、松平氏は念願の独立、家康公は駿府から岡崎へ帰還しました。

その一年後、幼少の頃に母と別れてから、母替わりとして育ててくれた、清康の妹である大叔母・久子が身罷られました。

親愛なる久子の遺言を受け、清康の隣に墓所を築き、彼女の住んでいた屋敷を移築して、永禄五年、家康公21歳の時に創建したのが、この隨念寺です。
『隨念寺』と通称されていますが、正しくは、『佛現山 善徳院 隨念寺』。
隨念寺は清康の妹・久子の法名に由来します。

この寺は、家康公が、尊敬する祖父と大叔母のふたりのために贈った寺なのです。



(隨念寺の「松平清康公墓所」は非公開のため、見学・撮影が禁止となっています)

将軍家の庇護

将軍家の庇護

そして、家康公が江戸幕府将軍となり、岡崎にある松平家ゆかりの寺社は、徳川将軍家とつながりがあるとして庇護されました。
元和三年、二代将軍・秀忠の寄進により、隨念寺は格式高く立派に再建。現在の本堂と山門は、この時に建てられたものです。
新編岡崎市史には、三河にある浄土宗本堂としては最も古いと記載され、江戸初期の浄土宗寺院を知るうえで、とても貴重な建築物です。

また、安永から天明の江戸後期には、十年にわたって伽藍が整備されました。美しい玄関や大方丈、山門へと続く白壁の土塀など、墓参する将軍を迎えることをも想定した、地方寺院とは思えないほどの格式を備えています。

門前町の誇り

門前町の誇り

そして、『門前町』という地名そのものも別格でした。

城下に特定のてらまちを持たなかった岡崎城下は、寺社ごとに『門前』と言われる繁華町を持っていました。
ですが、天保年間の岡崎城下絵図で『門前町』と書かれたのはこの隨念寺の門前だけで、他の寺は、門前やもんぜんとだけしか書かれません。岡崎で門前町といえば、この、随念寺門前だけを指したのです。


山門から続く参道は、何に阻まれることなく、まっすぐ東海道と交差し、そこからさらに、菅生川の土場(乙川の船着き場)まで繋がっていました。
現在でも、当時の東海道二十七曲がりだった伝馬四丁目西の交差点から北を眺めると、隨念寺の門をはっきり確認することができます。
当時の参道の賑わいは、どれくらいのものだったのでしょうか。

学び舎として

学び舎として

こうして、開山から江戸時代まで大切にされた隨念寺を、明治という新しい時代にも守りぬくため、方丈や庫裡など伽藍の一部を、学び舎として開放し、手放されました。
この時期は、新たに始まった学制により、新設される学校の校舎が求められており、歴史ある隨念寺の建物はとても歓迎されました。

 額田郡第一小学校(現・梅園小)
 愛知県第二市販附属小学校(現・愛教大附属小)
 岡崎町立商業補習学校(現・岡崎商業)
 岡崎町立高等女学校(現・岡崎北高)

35年の間に、様々な形態の学び舎となって受け入れ、たくさんの生徒たちがここで健やかに学んでいきました。祖父のため、祖先のためと受け継がれてきた寺は、時代を経て、岡崎の市井の人々をも育てていったのです。

太平洋戦争の空襲により、岡崎の街も大きな被害を受けました。

この隨念寺も、門の手前まで火災が迫り、とても危険だったものの、奇跡的に焼失による被害を免れました。

戦火で多くの文化財価値がある木造建築物が失われたなか、これほど市街中心部にありながら、隨念寺はほぼ健全な状態で、江戸時代の貴重な建築物が残されています。


市街中心部である東岡崎駅から徒歩で約15分、モダン道路をまっすぐ北上するだけという便利な場所にありながら、喧噪から離れた不思議な静かさをもって、隨念寺は訪れる私たちを迎えてくれます。

こんな市街地を一望できる景観地で、家康公の敬愛した祖父・三河の英雄、松平清康は眠っているのです。

記事中の写真撮影 けろっと氏

面白かったら、ハートを押してね!

30

いいね

【ご注意】隨念寺を参拝されるみなさんへ

詳細

隨念寺の「松平清康公墓所」は非公開のため、見学・撮影が禁止となっています。ご注意下さい。

この記事で紹介されたスポット

隨念寺

門前町 ※松平清康公墓所は見学・撮影禁止です。ご注意ください

神社・お寺

MAP