マスコット

69

[ 企画 ]

2022-06-29

【東海オンエア】撮影時間2時間!メンバーが満喫した文房具店「ペンズアレイ」とは?-岡崎・康生エリアを旅しよう-

大人気Youtuber ”東海オンエア” のお膝元である『岡崎市・康生エリア』。ここは、様々な動画の”ロケ地”&関連の”聖地”が密集する、岡崎市の城下町です。

本シリーズでは、東海オンエアの”動画”の中に登場したスポットを、メジャー処からレアスポットまで、詳しくご紹介していきます。聖地巡礼の際はぜひ参考にしてみて下さい。

★本記事のスポットが登場する動画はコチラ★

【無限購入】消費者理解を深めよう!このお店で一番売れている商品はど〜れ!?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早い者勝ち!選んだ商品を購入して、お店で人気№1の商品を当ててみよう♪
1位が出るまで無限購入ルール、誰が最初に正解するのでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この記事では、動画【01:55~14:36】に登場する、メンバーが企画で2時間もかけてロケを行ったオシャレ文房具店、『ペンズアレイ』についてご紹介します。

【東海オンエア】康生エリア『聖地巡礼』攻略ガイド(まとめTOP)に戻る

【ペンズアレイ】岡崎市観光協会から徒歩で約3分!全国の”万年筆好き”や”インク沼にハマる人”にとって、非常に有名なお店。

【ペンズアレイ】岡崎市観光協会から徒歩で約3分!全国の”万年筆好き”や”インク沼にハマる人”にとって、非常に有名なお店。

マップ上部のオレンジ色の旗が立っている場所が、「ペンズアレイ」。街の中心部にある「岡崎市観光協会(青い旗)」から、中央緑道を挟んで、一本裏手に入ったところにあるお店です。

店名にあるように「ペン」の取り扱いがとても豊富で、ペン作家さんの作品即売会や、ためになる講座などのペンに関する様々な店内イベントなども、定期的に開催されています。

「ペンズアレイ」の経路案内はこちら(位置情報ONにしてね)

地元で愛されて90年の、老舗文房具店。

地元で愛されて90年の、老舗文房具店。

「PEN’S ALLEY(ペンズアレイ)」は、今から約90年前に「竹内文具」として岡崎市で創業し、長く地元の人々に愛されてきた老舗の文房具店です。入口ではお店のオリジナルキャラクターの”ペンおじさん”が、万年筆とともにお出迎えしてくれます。

ペンズアレイ=「ペンの小道」。その名の通り、店内には様々な万年筆やガラスペンなどの筆記具が美しく展示されています。その豊富な品揃えは、県内でも随一といわれています。

「ペンズアレイ」のショップページはこちら

てつやが万年筆に一目惚れ!旅の思い出に、一生モノの一本はいかがですか?

てつやが万年筆に一目惚れ!旅の思い出に、一生モノの一本はいかがですか?

ペンズアレイには、万年筆を始め、ボールペン、シャープ、ガラスペンといった筆記具が数多く揃えられていて、その数は県内でも随一!
「お気に入りの万年筆に出会うと、世界が変わる」表現する人もいるほど、今まで全く魅力を感じなかった人が、出会った瞬間恋に落ちる。「万年筆」には、そんな不思議な魅力があります。
動画の中では、てつやさんが1本の万年筆に運命の出会いを果たしていました。
動画【07:34】で、てつやさんのテーマカラーであるオレンジ色の万年筆を発見し、一目惚れ。思わず自腹で購入してしまいます。筆記具はこれがあるから面白い。

窓際には試筆ができるライティングデスクがあり、店にあるほとんどすべての筆記具とインクを試すことができます。一生の相棒を探す気分で、ゆっくり手に馴染むものを探してみてはいかがでしょうか。

運命の万年筆、「ロッソコラーロ」との出会いを果たしたてつやさんが、感動の思いをつづった(試し書きした)時の紙が、店内の奥に額装されて展示してあります。

このほかにも、店内には
●動画【04:34】/階段を上ったところにある、メンバーが並んで腰かけたベンチ
●動画【02:36】/2階へ向かう階段横の波打つ土壁
など、見所がたくさん。

ちなみにこの土壁は、国内外で活躍する有名な左官職人、『久住有生さん』の作品。
温かみのある有機的な風合いや模様が、温かい雰囲気を作り上げています。

今話題の「ガラスペン」や、お店の「オリジナルインク」も魅力!

今話題の「ガラスペン」や、お店の「オリジナルインク」も魅力!

●風鈴職人が開発した日本発祥のガラスペン
ガラスペンはペン先をインクに浸してから筆記をする「つけペン」の一種。1902年(明治35年)に風鈴職人である佐々木定次郎によって考案されました。
その美しさ、独特の心地よい書き心地、機能性の良さから瞬く間に世界中に広まりました。ペンズアレイでは、万年筆やボールペンのほかに、ガラスペンも取り扱っています。

●万年筆やガラスペンのためのインクも豊富
動画【02:58】で、「めっちゃ種類ある!」とメンバーのみなさんが驚いていたように、香り付き、ラメ入りなど、豊富なインクが揃っています。お店オリジナルのインクも人気があり、遠方からこのインクを求めてやってくるお客さんもいるんだそう。
ラメ入り、香りのあるもの、オリジナルカラーなど、個性的な商品が揃っています。

ボールペンも、種類が豊富。相棒が見つかるかも♪

ボールペンも、種類が豊富。相棒が見つかるかも♪

動画【05:00】でてつやさんが紹介してくれているように、売り場の中にはいろんなボールペンがコーナーになっていて、その特徴などをポップで丁寧に伝えてくれています。

女性の手に馴染む可愛らしい色味のモノや、ペン先をひねった時の重みが気持ちいいモノ、木でつくられた温かい軸など、好みにあわせて選ぶことが出来ます。

ボールペンは、万年筆やガラスペンよりも一般的にお手頃価格なので、気軽に手に取ることが出来ます。大切な人への贈り物としても、ピッタリ。包んでもらえるようお願いすると、スタッフさんがセンス良くラッピングしてくれるのも嬉しいサービスです。

1階は散策しがいアリ。気に入った手紙やカード類を探してみよう。

1階は散策しがいアリ。気に入った手紙やカード類を探してみよう。

動画【02:15~02:35】に登場する1階は、としみつさんが「お手紙・便箋とかですね」といっている通り、豊富なペーパー系のグッズや雑貨がズラリ揃ったスペースです。

メンバーが探索を楽しんでいる事からも分かりますが、ここには、一風変わったこだわり商品があってオモシロイ!笑いを誘うモノや、人にあげたくなるもの、触り心地が普通と違うもの等、お店のスタッフさんが一つ一つ「コレは!」と思うモノを選んでいるそう。

東海オンエアのみなさんにならって、旅の思い出になりそうなカードなどを探してみるのはいかがでしょうか。

東海オンエアのロケ地となった、ペンズアレイに行ってみよう。

東海オンエアのロケ地となった、ペンズアレイに行ってみよう。

ロケではいろいろな商品が紹介されていて、ペンズアレイさんの文房具愛が伝わってくるような楽しい動画になっていましたね。

お気に入りの筆記具を取り出すと、なんとなく気持ちが豊かになります。手紙を書くのが楽しくなったり、字を少し丁寧に書きたくなったり。
ペンズアレイでは、てつやさんのように、自分の相棒と出会えるかもしれません。岡崎に来たら「ペンの小道」を散策してみて下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
聖地巡礼をもっと面白くするために、これからも東海オンエアの活動拠点「岡崎・康生エリア」の情報をお届けしていくので、次の2つで活動を応援していただけると嬉しいです♪
●記事の下のハートをたくさん押してね
●聖地巡礼やシェアの際には、SNSで「 #ぽけろーかる 」のハッシュタグを付けてね

※スポットの情報は、2022年5月現在のものです。正しくはお店や施設管理者の公式サイトをご覧ください。

【東海オンエア】康生エリア『聖地巡礼』攻略ガイド①(籠田町エリア)

いいと思った分だけ、ハートを押してね!

69

いいね

[ 企画 ]

PEN’S ALLEY(ペンズアレイ)

WEB
https://www.pens-alley.jp/
問合せ
0564-21-0864
その他
定休日:木曜日
営業時間:11:00~19:00
駐車場:7台、近隣P駐車券有り(※1000円以上お買い上げの方のみ)

この記事で紹介されたスポット

クリックで場所を確認

①ペンズアレイ