マスコット

57

[ 企画 ]

2022-05-25

【東海オンエア】東海オンエアまんじゅうが人気の「旭軒元直」はどんなお店?-岡崎・康生エリアを旅しよう-

大人気Youtuber ”東海オンエア” のお膝元である『岡崎市・康生エリア』。ここは、様々な動画の”ロケ地”&関連の”聖地”が密集する、岡崎市の城下町です。

本シリーズでは、東海オンエアの”動画”の中に登場したスポットを、メジャー処から激レアスポットまで、詳しくご紹介していきます。聖地巡礼の際はぜひ参考にしてみて下さい。

★本記事のスポットが登場する動画はコチラ★

【目指せ機械人間】特訓して正確な測定器の能力手に入れたら超カッコよくね?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
糖度・光度・騒音度など、人間の感覚を鍛えれば精密に感じ取れるようになるのでは?人間計測器になるべく、メンバーたちは限られた時間の中で己の感覚を鍛え上げ、検証のために康生のまちへと出かけました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この記事では、動画の【7:36~10:33】に登場する、東海オンエアメンバーが検証で訪れた、康生エリアの老舗和菓子屋『旭軒元直』についてご紹介します。

【東海オンエア】康生エリア『聖地巡礼』攻略ガイド(まとめTOP)に戻る

【旭軒元直】岡崎市観光協会から、徒歩約2分。明治36年創業、地元で愛される老舗の和菓子屋さん!

【旭軒元直】岡崎市観光協会から、徒歩約2分。明治36年創業、地元で愛される老舗の和菓子屋さん!

マップ上部のオレンジ色の旗が立っている場所が、「旭軒元直(あさひけんもとなお)」。街の中心部にある「岡崎市観光協会(青い旗)」から、西に歩いて2分程度の場所にあります。

季節を取り入れた商品が特徴のお店で、自分のちょっとしたオヤツはもちろん、岡崎土産を買っていかれる方も多いスポットです。

「旭軒元直」の経路案内はこちら(位置情報ONにしてね)

左←右に読む”旧横文字”が印象的。青い文字の屋号看板が目印の、高級感漂うお店です。

左←右に読む”旧横文字”が印象的。青い文字の屋号看板が目印の、高級感漂うお店です。

「旭軒元直」は明治36年に創業されたという事で、2022年現在・119年続く老舗の和菓子屋さんです。
店内に入ると、左側にお店奥まで続く長いガラスのショーケースがあり、たくさんのお菓子が賑やかに並びます。

日持ちのする焼き菓子、美しい上生菓子、季節の食材や果物を取り入れた和菓子など、様々な和菓子があり、値段も100円台からと意外にリーズナブルに購入できます。

お店に入ったところにある竹の小カゴを持って、好きなお菓子を選んでいくのが楽しい♪
「おみやげの箱詰め」を相談すると、スタッフさんたちが中に詰めるものを一緒に考えてくれたりと、とてもアットホームな雰囲気です。

「旭軒元直」のショップページはこちら

東海オンエアのメンバーが座った、店内にある「和ベンチ」に注目!

東海オンエアのメンバーが座った、店内にある「和ベンチ」に注目!

動画内【8:04~10:33】で、メンバーが並んで腰かけていたのが、お店の右側にある畳のベンチ。
ゆったり座るなら二人掛けがちょうどいいのですが、東海オンエアのみなさんは4人でぎゅうぎゅうになって腰かけていて、とっても仲良しな雰囲気(笑)
お店に訪れた際には、ぜひこちらのベンチに座ってみましょう。

フルーツ系の大福(羽二重餅)が絶品!他にもオススメの和菓子がいっぱい。

フルーツ系の大福(羽二重餅)が絶品!他にもオススメの和菓子がいっぱい。

イチゴやブドウを使った大福(羽二重餅)は季節モノですが、出ていたら絶対に”買い”の逸品。ジューシーな果物と上品な白あんが絶妙にマッチ。薄めの羽二重餅がふんわり柔らかく果物と白あんを包んでいます。

一年中あるお菓子で、おみやげに大人気のお菓子もいくつか紹介します。

●菅生まつり
ふわふわに焼き上げた生地に、あっさり味に炊き上げた粒あん&コクのあるバター風味クリームをサンドした、和風ソフトブッセ。歴史的価値の高い地元のお祭りの名を冠し、根強い人気を誇る商品です。

●開運貫木
桶狭間の戦いに敗れた徳川家康公が、自害をしようと駆け込んだ大樹寺で「厭離穢土・欣求浄土」という言葉に触れ、泰平の世を作ろうと志します。
大樹寺の総門の貫木を振り回し、織田軍を蹴散らした貫木をモデルに作ったのが「開運貫木」。刻み栗の入ったこしあん入りパイで、オーブンで少し温めると焼き立てのような味になります。

関連記事:江戸時代から受け継がれ続ける、伝統神事「菅生まつり」

岡崎市・地元ならではのお菓子もご紹介!

岡崎市・地元ならではのお菓子もご紹介!

●八丁みそまんじゅう
岡崎市の名物・八丁味噌を練り込んだ八丁みそまんじゅう。茶色の薄皮の中には上品な甘さのこし餡が詰まっていて、ほんのり塩っ気を感じる味噌の風味とよく合います。
八丁みそスイーツは地元でも人気で、和菓子店やケーキ屋さんが様々なオリジナル商品を出しています。「岡崎行ってきた!」とおみやげ渡すなら、八丁みそまんじゅうはおススメですよ。

●いがまんじゅう
いがまんじゅうは、西三河地方でひなまつり(桃の節句/3月3日)前後に食べられる、地元の伝統菓子。 1月下旬から和菓子屋の店頭に並び始め、3月下旬には販売が終了します。販売期間が短いので、手に入れられたらラッキー♪
まんじゅうの上にお米が乗っているのが特徴。お店によって少しずつ見た目が変わる、とっても可愛い和菓子です。

「東海オンエアまんじゅう」や、メンバーが買っていった「和風アイスバー」も人気!

「東海オンエアまんじゅう」や、メンバーが買っていった「和風アイスバー」も人気!

●東海オンエアまんじゅう 1296円
東海オンエアのマーク「オンエアバード」の焼き印を押した饅頭。チョコと餡子が混ざった特製餡は餡子よりまろやかで、チョコレートよりあっさりしており、非常に食べやすい和菓子です。
パッケージは新しい徳川オンエア武将隊バージョンの写真を使用。和のテイストながらも可愛らしいデザインに仕上がっています。

●地元素材を使ったもっちり食感の和風アイスバー
長い商品名ですが、地元のこだわり素材を生かして作った和風アイスバー。岡崎の老舗お茶屋さん「宮ザキ園」のほうじ茶を使った「ほうじ茶味」のアイスバーは、東海オンエアのりょうさんがオヤツに買っていったそうです。
モチッとした食感が美味しい、夏季限定商品です。

夏のお菓子もオススメです!

東海オンエアのロケ地「旭軒元直」に行ってみよう!

東海オンエアのロケ地「旭軒元直」に行ってみよう!

動画のロケ地として東海オンエアが訪れた「旭軒元直」は、100年以上続く老舗の和菓子屋さんでした。店内には撮影に使われた「和ベンチ」があり、岡崎土産にピッタリの商品もたくさんそろっています。尚美(なおみ)さんは、東海オンエアの他の動画に出演もしている、とっても気さくな女将さんです!
岡崎に訪れた際は「旭軒元直」も聖地巡礼スポットに加えて、まち歩きを楽しんで下さいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
聖地巡礼をもっと面白くするために、これからも東海オンエアの活動拠点「岡崎・康生エリア」の情報をお届けしていくので、次の2つで活動を応援していただけると嬉しいです♪
●記事の下のハートをたくさん押してね
●聖地巡礼やシェアの際には、SNSで「 #ぽけろーかる 」のハッシュタグを付けてね

※スポットの情報は、2022年5月現在のものです。正しくはお店や施設管理者の公式サイトをご覧ください。

【東海オンエア】康生エリア『聖地巡礼』攻略ガイド②(東康生-本町エリア)

いいと思った分だけ、ハートを押してね!

57

いいね

[ 企画 ]

旭軒元直

WEB
https://www.motonao.jp/
問合せ
0564-22-0414
その他
定休:不定休(基本お休み無し)
営業時間:9:00~18:00
駐車場:6台

この記事で紹介されたスポット

クリックで場所を確認

①旭軒元直