マスコット

50

[ 企画 ]

2022-06-08

【東海オンエア】旅の思い出を残そう!康生エリア「フォトスポット6ヶ所巡り」-岡崎・康生エリアを旅しよう-

大人気Youtuber ”東海オンエア” のお膝元である『岡崎市・康生エリア』。ここは、様々な動画の”ロケ地”&関連の”聖地”が密集する、岡崎市の城下町です。

本シリーズでは、東海オンエアに関連したスポットを、メジャー処から激レアスポットまで、詳しくご紹介していきます。聖地巡礼の際はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事では、東海オンエアのファンにとっては外せない、康生エリア内に存在する「6つのフォトスポット」をご紹介します。
メンバーの等身大パネルや動画に出てきた壁画、メンバーをモチーフにしたマンホール、東海オンエアのアイコンとして親しまれているアイツなど、思わず記念写真を撮りたくなること間違いなし!
岡崎での聖地巡礼を記念して、旅の思い出をクロップしに行きましょう♪

【東海オンエア】康生エリア『聖地巡礼』攻略ガイド(まとめTOP)に戻る

歩いて回れる小さなエリアに、記念撮影が出来るスポットが6つ!(ゆめまるさん多め)

歩いて回れる小さなエリアに、記念撮影が出来るスポットが6つ!(ゆめまるさん多め)

直線距離で徒歩10分かからない範囲の中に、6つのフォトスポットが隠れています。
「岡崎で聖地巡礼してきたよ!」と思い出のショットが撮れるので、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

1.ゆめまるマンホール(中央緑道)

2.ゆめまるの等身大パネル(岡崎市観光協会)

3.ゆめまるのデュラハンパネル(トップジミー)

4.てつしばりょうチームの壁画(さくらこ。)

5.ピースの二乗のアイツ像(康生スタンド)

6.としゆめ虫チームの壁画(シビコ)

※記事の下に、各スポットのルートナビマップがあります。(歩くときは、位置情報ONにして使ってください)

1.可愛いイラストの『ゆめまるマンホール』(中央緑道)

1.可愛いイラストの『ゆめまるマンホール』(中央緑道)

籠田公園のスグ目の前、道路を渡ったところにある中央緑道。半分道路のような半分公園のような、憩い空間が「籠田公園~乙川」を繋いでいます。
この中央緑道の石畳の上に、『ゆめまるマンホール』があります。
公園から横断歩道を渡って、乙川に向かって左側辺りの地面を探してみて下さい。

2.『ゆめまるパネル』が、聖地巡礼者をお出迎え。(岡崎市観光協会)

2.『ゆめまるパネル』が、聖地巡礼者をお出迎え。(岡崎市観光協会)

康生エリアで聖地巡礼をするなら、まずは「岡崎市観光協会」へ足を運ぶと便利です。
いろんなパンフレットをもらえたり、どんな巡礼コースにしたいかなど、相談にも乗ってくれます。
建物内に入ると、奥でゆめまるさん(パネル)が笑顔でお出迎え。
岡崎の聖地巡礼を、ここでの記念撮影からスタートしてみてはいかがでしょうか。

【東海オンエア】聖地巡りの案内所「岡崎市観光協会」はどんなトコ?-岡崎・康生エリアを旅しよう-

3.マネキンとして大活躍『ゆめまるデュラハンパネル』(トップジミー)

3.マネキンとして大活躍『ゆめまるデュラハンパネル』(トップジミー)

岡崎市観光協会から西に向かってスグの場所に、黄色の服屋さんが見えてきます。
ここの入口付近には、『ゆめまるデュラハンパネル』が、お店のマネキンとして活躍しています。
こちらのトップジミーさん、大人買い企画のロケ地としても有名です。お店に遊びに行ったら、ぜひファッショナブルなゆめまるさんを写真におさめましょう♪

【東海オンエア】企画で大人買い?人気セレクトショップ「トップジミー」へ行ってみよう!-岡崎・康生エリアを旅しよう-

4.オンエアバードが大きく舞う『てつしばりょうチームの壁画』(さくらこ。)

4.オンエアバードが大きく舞う『てつしばりょうチームの壁画』(さくらこ。)

何度か動画に出演しているお店、「さくらこ。」の横の壁面には、東海オンエアメンバー直筆の壁画があり、たくさんの若者が訪れる人気スポットになっています。

こちらはスプレーアート動画の「てつしばりょうチーム」の作品となっています。
東海オンエアのアイコンであるオンエアバードを3分割して、各自の世界観を表現。メンバーの手形足型も楽しめます。

左:りょう「ゴージャス担当」
→メンバーカラーの王冠がちりばめられている

中央:てつや「グラフィティ担当」
→インスタ映えしそうな羽と、山と空&混沌な夕日。テンクシーも来日

右:しばゆー「サイケデリックゆめかわ宇宙担当」
→布袋モデルのギター的な模様

【東海オンエア】東海オンエアの痕跡多数「さくらこ。」ってどんなお店?-岡崎・康生エリアを旅しよう-

5.康生交番の横にある休憩スポット・康生スタンドに『ピースの二乗のアイツ像』が登場

5.康生交番の横にある休憩スポット・康生スタンドに『ピースの二乗のアイツ像』が登場

岡崎観光伝道師である「東海オンエア」の公式キャラクター「ピースの二乗のあいつ」と、市の伝統的工芸品である岡崎石工品がコラボした石像です。
岡崎石製品工業協同組合さんが岡崎市に寄付してくれたものです!

質感なども、爪の部分と指の部分などが丁寧に作りこまれていて、表情もとっても可愛らしい♪結構な大きさで、約500kgほどあるそう。かなり頑丈です。

台座に乗って撮影OK。指の間から顔を出したり、肩(?)を組んで撮影したりできます。

【東海オンエア】ピースの二乗のあいつと記念撮影が出来る「康生スタンド」に行こう!-岡崎・康生エリアを旅しよう-

6.ポップな東海オンエアレタリング『としゆめ虫チームの壁画』(シビコ)

6.ポップな東海オンエアレタリング『としゆめ虫チームの壁画』(シビコ)

康生エリアの大型商業施設シビコは、この辺りのランドマークの一つ。
動画にも何度か出ていた場所です。

こちらのビルの側面にあるのが、「としゆめ虫チーム」のスプレーアート作品です。
「TOKAI ONAIR」の文字を、プルプル感のあるポップな雰囲気で仕上げられていて、まるで外国のストリートアートのような雰囲気。
周辺には”ボヤ”がかかり、稲妻によって文字が強調されています。

【東海オンエア】スプレーアートや東海オンエアのサインがある「岡崎シビコ」が気になる!-岡崎・康生エリアを旅しよう-

東海オンエアの聖地巡礼に来たら『康生エリアのフォトスポット』へ行ってみよう!

東海オンエアの聖地巡礼に来たら『康生エリアのフォトスポット』へ行ってみよう!

アート作品やパネル、石像にマンホール。小さなエリアの中に、記念写真を撮れるスポットがたくさん!
動画に出ていたお店やスポットを巡る際に、こちらも一緒にお立ち寄りください♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
聖地巡礼をもっと面白くするために、これからも東海オンエアの活動拠点「岡崎・康生エリア」の情報をお届けしていくので、次の2つで活動を応援していただけると嬉しいです♪
●記事の下のハートをたくさん押してね
●聖地巡礼やシェアの際には、SNSで「 #ぽけろーかる 」のハッシュタグを付けてね

※スポットの情報は、2022年5月現在のものです。正しくはお店や施設管理者の公式サイトをご覧ください。

いいと思った分だけ、ハートを押してね!

50

いいね

[ 企画 ]

東海オンエア『フォトスポット6ヶ所巡り』

この記事で紹介されたスポット

クリックで場所を確認

①ゆめまるマンホール(中央緑道)

②ゆめまるパネル(観光協会内)

③デュラハンパネル(トップジミー)

④壁画(さくらこ。)

⑤ ピースの二乗のあいつ石像(康生スタンド)

⑥壁画(シビコ)